How To

【HEICからJPGに変換】iPhoneの写真をWindowsパソコンで開く

HEICからJPGへWindowsパソコン

iPhoneで撮影した【HEIC形式の写真】を【JPG形式の画像】に変換してWindowsパソコンで読み込む方法の紹介です。

文章だけで説明すると難しく感じますが、実際に行ってみるとすごく簡単です。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
iPhoneで撮影した写真が、Windowsのパソコンで開けない。
取り込み後にJPGに変換する方法はわかったけど、ちょっと面倒・・。
もっと簡単に済ませる方法ってないの?

【HEICからJPGに変換】iPhoneで撮影した写真をWindowsのパソコンで開く方法

iPhoneで撮影した写真は、「HEIC」というファイル形式で保存されています。

で、厄介なのがこれ。

ファイルを開けない

Windowsのパソコンでは、「HEIC形式のファイル」を読み込めないんですよね。

比較的古いパソコンで起きる症状のようです。
僕の場合は2台のWindowsのパソコンを所有していますが、新しいパソコンでは問題なく開けます。

 

で、そんな時に便利なのが【Dropboxアプリ】。

dropbox

Dropboxアプリを使えば、iPhoneからWindowsに写真を送る段階で自動的に「HEICからJPGへの変換」を行ってくれます。

HEICとJPGの違い

わざわざiPhoneとパソコンをケーブルでつなぐ必要もなく、無線で画像のやり取りができる点もすごく便利です。

小豆
そのアプリって、無料で使えるの?
有料プランもあるけど、無料でも十分使えるよ。
Windowsのパソコンには最初からインストールされているくらい有名なアプリなんだ。
大福

インストールされていないWindowsパソコンもあります。
※その場合は、無料でインストール可。

小豆
なるほど。自分も使ってみようかな。
てか、そもそもHEICって何なの? 

 

HEICはApple独自の画像圧縮方式

HEICは、Appleが独自に開発したファイル保存方式です。

APPLE公式

※Apple公式サイトより

特徴は、JPGに比べ「画像を高画質のまま容量を少なく保存」できること。

ただし、Windowsパソコンで開けないなどの互換性に乏しい点が使いづらいポイントです。

※「HEIF」は「HEIC」と記載されることもあります。

HEICからJPGに自動変換DropboxでiPhoneの写真をパソコンに送る手順

通常は、パソコン取り込み後に変換ソフトなどを使用する人が多いですが、Dropboxアプリを使えばもっと簡単です。

iPhoneからパソコンに写真を取り込む段階で、【HEIC→JPG変換】を自動的に行うことができます。

Dropboxアプリを使ったことはない人は、以下の記事を参考に「iPhone」と「パソコン」それぞれにアプリをインストールしておいてください。

関連Dropboxアプリのインストール方法と使い方

 

手順

  1. パソコンに送りたい写真を選択
  2. ファイル形式を変更
  3. アップロード

 

step
1
パソコンに送りたい写真を選択

Dropboxアプリを開く

iPhoneでDropboxアプリを開き、画面下側中央の+(作成)をクリック

写真をアップロードをクリック

写真を選択

パソコンに送りたい写真を選択 → 次へをクリック

 

step
2
ファイル形式を変更

HEICからJPGへ

HEIC形式の写真を次の形式で保存をクリック

JPGを選択

JPG(推奨)を選択

 

step
3
アップロード

アップロード

アップロードをクリック

画像がパソコンに追加された

画面下部のタスクバー → フォルダの画像をクリック → Dropbox

パソコン側でDropboxフォルダを開くと、JPGに変換された写真が表示されています。

iPhone側でのJPG保存はおすすめしない

実はiPhoneには、撮影した画像をJPGで保存するための機能が最初から備わっています。

iPhoneで互換性の設定

設定 → カメラ → フォーマット → 互換性優先

この機能を利用すれば、今回のような面倒な変換作業は一切不要です。

小豆
え!?なんでそれを先に言わないんだ・・。
実は、それには理由があるんだ。
大福

 

HEIC形式の画像は、JPG形式の画像に比べてiPhone内のストレージ容量を圧迫しません。

小豆
・・・どういうこと?

実際に全く同じ写真を撮影し「HEIC形式」と「JPG型式」で比較してみました。

HEIC形式 JPG型式
HEIC写真のファイルサイズ JPG写真のファイルサイズ
ファイルサイズ:2.2MB ファイルサイズ:6.9MB

画像はクリックで拡大できます

同じ画像にもかかわらず、JPG形式の写真のファイルサイズは6.9MB。

HEIC形式に比べて、倍以上の容量があります。

小豆
ってことは、JPG保存を選択した場合は、その分iPhone内のストレージを圧迫するってこと?
その通り。
HEIC形式なら約半分の容量で写真を保存することができるんだ。
大福

というわけで、iPhone内のストレージ容量を節約するには、圧倒的に「HEIC形式での保存」の方が効率的ってことですね。

 

HEIC形式の画像をそのままWindowsパソコンで読み込む方法

小豆
変換方法はわかったけど、そもそもHEIC形式の画像をそのままWindowパソコンで開くことはできないの?
拡張機能を追加すれば可能だよ。
大福

Windowsには、新しい機能を追加する「拡張機能」というものがあります。

WindowsパソコンでHEIC形式の画像を読み込むためには、【HEIF 画像拡張機能】というものを使用します。

HEIF画像拡張機能

HEIF 画像拡張機能のインストールページ

配布元はMicrosoftストアなので、安心してインストールすることができますね。

 

ちなみに僕のパソコンにもインストール済みです。

HEIF画像拡張機能アプリ

小豆
これで、これからはWindowsパソコンでも気にすることなく「HEIC形式の写真」が扱えるんだね。
実は、完全にそうとは言い切れないんだ。
大福

追加機能をインストールすることで、確かにWindowsパソコンで「HEIC形式の写真」を読み込むことができるようになります。

ただし、使用するソフトによっては、相変わらず読み込めない場合があるので注意が必要です。

ちなみに僕の場合は、年賀状作成ソフトでの読み込みができませんでした。

 

というわけで、やはり「iPhoneからパソコンに写真を取り込む時点でのJPG変換」の方が確実ですね。

 

まとめ:DropboxとWindowsパソコンは相性抜群

本来iPhoneは、Macパソコンとの組み合わせが最適です。

ただし、Dropboxアプリを使えばその必要はなし。

iPhoneとWindowsパソコン間で、とても簡単に画像やファイルのやり取りが可能になります。

Dropboxアプリをまだ使ったことがない人は、この機会にぜひ利用してみて下さい。

数回使えば、手放せない必須アプリになること間違いなしです。

関連Dropboxアプリのインストール方法と使い方

 

  • 画像関連の記事
ブログにおすすめの画像サイズ
ブログに載せる画像のおすすめサイズと容量【GIMPで変更】

続きを見る

おすすめ画像ツール
ブログにおすすめの画像ツール12選【すべて無料】これだけでOK

続きを見る

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

人間関係に嫌気がさして10年間務めた会社を退職。その後3年間のニート生活を送る。自宅にいながらパソコン1台で稼げることを知り、現在はストレスフリーな毎日を送っています。このサイトではブログやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信しています。自宅にいながら稼げるって素晴らしい♪

-How To

© 2021 大福日記