生活お役立ち

勝手口を遮光カーテンで目隠し【壁にネジを使わず後付けDIY】

勝手口外から

勝手口に、目隠し用の遮光カーテンを取り付ける方法の紹介です。

使用する工具はドライバー1本だけ。

DIY初心者でも簡単!壁にネジ穴を開けずに取り付けができます。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
外からの視線が気になるし、夜はなんだか落ち着かないから勝手口にカーテンを付けたい。
ただし、壁にネジ穴は開けたくないんだよなぁ。

勝手口を遮光カーテンで目隠し【ネジを使わず簡単取り付け】

まずは、我が家の勝手口を見て下さい。

勝手口

一見なんの変哲もない勝手口ですが、住んでいる僕が感じている不満は2つ。

  • 勝手口の外からの視線が気になる
    昼間はそうでもないが、夜は人影がくっきり見えてしまう
  • 勝手口から差し込む日差しがまぶしい
    時間帯によっては、勝手口が明るすぎる上に暑い
小豆
外を通る人から、家の中の様子がわかってしまうのは嫌だね。
型ガラスではっきりは見えないにしても、人影はくっきり。
なんだか、見られていると思うと落ちつかないんだよね。
大福

ちなみに我が家の勝手口は東向きで、朝方はここから強烈な日差しが差し込みます。

というわけで、「目隠し」兼「日よけ」目的でカーテンを取り付けました。

勝手口に遮光カーテン

外からの視線はまったく気にならなくなり、日差し対策もばっちり。

カーテンを取り付けたことで、夜間も落ち着いてリビングで過ごせるようになりました。

また、取付時にネジは使用していないので、撤去時も壁に目立つ穴は残りません。

小豆
効果てきめんでよかったね。
でも、勝手口の目隠しっていったら、ロールスクリーンの方が見た目がいいよね?
もちろん、それも考えたよ。
でも、あえてカーテンを選んだんだ。
大福

 

ロールスクリーンではなく、カーテンを選んだ理由

ロールスクリーン

勝手口の目隠しの定番と言えば、ロールスクリーンが一般的ですよね。

窓枠内にすっぽり収まり、見た目がいいのが特徴です。

ちなみに我が家では、ほぼすべての部屋でロールスクリーンを使用しています。

ですが、今回勝手口の目隠しにロールスクリーンを使用しなかったのは、以下の理由からです。

  • 完全な遮光は難しい
    隙間から、どうしても光が漏れてしまう(窓枠内に設置の場合)
  • 気軽に洗えない
    洗えるタイプも販売されているが、シワになりそうで結局洗わない

キッチンという場所上、どうしても油で汚れます。

カーテンなら、そんな時でも気軽に洗濯機で洗うことができますよね。

しかも、勝手口全体をまるまるおおうことができるので、光れがほぼありません。

使用したグッズとカーテンの取付方法

勝手口へのカーテン取り付けで使用したのは、以下のグッズです。

カーテン取り付けに使用した材料

商品 備考 参考価格
① ナゲシレールブラケット ネジ穴を開けずに壁に木材の取り付けが可能なグッズ 700円前後
② 木材(1×4材) カーテンレールの幅に合わせて用意 880円
③ カーテンレール 取付幅に合わせて伸縮が可能な物 498円

※我が家の場合は、すべてカインズホームで購入

ナゲシレールブラケットだけは、通販で購入するのがいいかも。
意外と置いていないホームセンターが多いよ。
大福

 

設置方法

手順

  1. ナゲシレールブラケットを壁に設置
  2. 木材にカーテンレールを取り付け
  3. ナゲシレールブラケットに木材をハメ込む

 

step
1
ナゲシレールブラケットを壁に設置

ナゲシレールブラケットの取り付け

木材を取り付けたい位置に、ナゲシレールブラケットを取り付ける

大福
ナゲシレールブラケットは、1セットで91㎝の長さの木材に対応しているんだ。
我が家の場合は、140㎝の木材を使用したので2セット使用したよ。

ブラケットを木材に取り付け

位置合わせ後、付属のネジで木材にナゲシレールブラケットを固定する

取り付けは、手回しドライバーがあれば大丈夫だよ。
大福

ナゲシレールブラケットの詳細な取付方法や注意点は、以下の記事内で詳しく紹介しています。
関連セリアのアイアンバーでトイレットペーパー収納【ネジサイズや付け方も】

 

step
2
木材にカーテンレールを取り付け

カーテンレールの取り付け

付属のネジを使用して、カーテンレールを木材に取り付ける

遮光カーテンだけでなく、レールカーテンの取り付けも考えている場合は、ダブルタイプのカーテンレールを使用して下さい。

 

 

step
3
ナゲシレールブラケットに木材をハメ込む

ブラケットに木材をハメ込む

カーテンレールを取り付けた木材を、壁のナゲシレールブラケットにハメ込む

大福
手順はこれだけ。
素人でも簡単に取り付けが可能だし、壁にネジ穴が開かないのが嬉しいね。
専門的な工具が必要なく、ドライバー1本だけってのも助かるなぁ。
小豆

勝手口に目隠し用の遮光カーテン【ビフォー&アフター】

カーテン取り付け前と後の様子を、画像で比べてみました。

 

カーテンを開けた状態

取り付け前 取り付け後
勝手口 カーテンを開けた状態

画像はクリックで拡大できます

我が家の場合は、勝手口横の小窓も覆えるように幅100㎝のカーテンを2枚使用しています。

それでも、はじに束ねたときのボリュームは思ったほど出ませんでした。

ここがボリューミーになってしまうと、間違いなく邪魔ですからね。

また、窓枠と近い色の木材を使用することで、後付け感もそれほど出ずに設置をすることができました。

 

カーテンを閉めた状態

取り付け前 取り付け後
勝手口 カーテンを閉めた状態

画像はクリックで拡大できます

全体を覆うことができるカーテンは、やっぱりいいですね。

閉めてしまえば、そこに勝手口があることすら分からないような状態に。

ロールスクリーンのように隙間から光が漏れることもないので、部屋を真っ暗にすることもできます。

 

外からの見え方(夜)

取り付け前 取り付け後
夜間の勝手口から人影 カーテン設置後の勝手口夜間

画像はクリックで拡大できます

当然ですが、遮光カーテンを閉めてしまえば、外から家の中の様子はまったくわかりません。

この状態なら、夜間でも視線を気にすることなく過ごすことができますね。

ちなみに、改めて見てみると、カーテンなしでは本当に夜間は人影がくっきりですね。

通り沿いに勝手口が面している場合は、こんな風に通行人から見えているんですね・・。

 

小豆
夜って、そんな感じで見えていたんだ・・。
話は変わるけど、カーテンのがらが少し気になる。
急遽、自宅にあった使っていないカーテンを使用したんだ。
ちょっと、柄がうるさいよねw
大福

 

  • 通販で人気の遮光1級カーテン

好みにもよりますが、僕的には勝手口のカーテンはあまり主張の強くないものが良いと思っています。

というわけで、通販で人気の以下のカーテンに変更予定です。

幅とたけの選択肢が多く、1枚で横幅200cmをカバーできるものもあるので、よりスッキリ見せることができそうです。

遮光1級カーテン

カラー 12色(無地)から選択
130㎝ / 150㎝ / 200㎝
178㎝ / 200㎝ / 230㎝

 

\ 落ち着いた無地柄で使いやすい /

 

まとめ:カーテンレールの取り付けはナゲシレールブラケットがおすすめ

ナゲシレールブラケットを使えば、石膏ボードの壁にネジ穴を開けずにカーテンレールの取り付けが可能。

取外しも簡単で目立つネジ穴も残らないので、賃貸でも安心ですね。

今回は勝手口に使用しましたが、アイディア次第では使いどころがたくさんありそうです。

 

\ ネジ穴が壁に残らない /

 

  • 関連記事

Sponsored Links

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-生活お役立ち

© 2022 大福日記