通販

【サーキュレーターの効果を実験】部屋内で場所によって冷房時の温度が違うを解決

2021年8月9日

サーキュレーター

冷房時にサーキュレーターを併用した効果について、実際に実験してみました。

扇風機との違いや、効果の差についても検証しています。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
冷房時、同じ部屋内なのに場所によって温度が違う。
扇風機を使って風を送ってみたけど、イマイチ効果を感じない。
サーキュレーターって、どうなの?

サーキュレーターは冷房時の部屋の温度差をなくすのに効果的

いきなりですが、まずは我が家の部屋を御覧ください。

エアコンまでの距離が遠い

すごく縦長の部屋ですよね。

本来は荷物収納用の納戸ですが、最近はパソコン作業部屋として使用しています。

 

ただし、この部屋には一つ問題点が・・。

同じ室内にも関わらず、エアコンとの距離で場所によって温度差がけっこうあるんです。

実際に、3箇所に温度計を設置して温度を測ってみました。

冷房時に温度の差がでる

エアコンの温度設定は、26度。

場所による温度の差は、以下の通りです。

場所 温度・湿度 画像
ポイントA 25.2度 / 62% 画像で確認
ポイントB 26.1度 / 69% 画像で確認
ポイントC 27.4度 / 62% 画像で確認

エアコンに一番近い場所と離れた場所とでは、その差2度。

2度っていうと大したことなく感じるかもしれませんが、体感温度は全然違います。

体温で考えてみるとわかりやすいですよね。

「体温36度」と「体温38度」では、まったく違います。

 

これって、すごく厄介なんですよね。

どちらかの温度を優先しようとすると、片方は「暑い」もしくは「冷えすぎ」の状態になってしまいますから・・。

たまにここで寝ることもあるのですが、布団を敷いていない場所ばかりがキンキンに冷えていて、すごく無駄を感じてしまいます。

というわけで、部屋内の温度を均一にするために、サーキュレーターを購入・設置してみました。

小豆
部屋内に扇風機があったように見えたけど・・。
サーキュレーターじゃなきゃ、だめなの? 
扇風機は、空気の循環をする目的では作られていないんだ。
大福

 

扇風機とサーキュレーターは使用用途が異なる家電製品

扇風機とサーキュレーター

見た目こそ似ているものの、扇風機とサーキュレーターは全く別の目的で作られた家電製品です。

 

それぞれの特徴は以下の通り。

扇風機とサーキュレーターの違い

参考元:YAMAZEN BOOK

  扇風機 サーキュレーター
目的 暑い時に「涼」をとるための家電製品 空気を循環させるための家電製品
特徴 大きめのファンで、広い範囲に風を送る 小さめのファンで、直線的に風を送る
風が届く距離(風圧) 短い(弱め) 長い(強め)
大福
サーキュレーターって、ただの小型の扇風機でしょ?

こんな風に思っていた僕ですが、実際に使ってみると確かにまったくの別物でした。

実際の効果を比較した、実験結果を紹介していきます。

サーキュレーターの効果を検証してみた【扇風機との比較も】

複数の温湿度計で検証

エアコンからの距離別に、部屋内の異なる位置に温度計を設置。

冷房時に温度の差がでる

温度にどれくらいの差がでるかを、以下の項目で検証してみました。

実験内容

  1. 冷房のみを使用した場合
  2. 冷房と扇風機を併用した場合
  3. 冷房とサーキュレーターを併用した場合

冷房の設定温度は26度。昼間の時間帯、外気温33度の状態で検証しました。

 

冷房のみを使用した場合

冷房のみを使用

この状態で1時間放置

ポイントA ポイントB ポイントC
25.2度 / 62% 26.1度 / 69% 27.4度 / 62%

同じ室内にもかかわらず、エアコンとの距離によって大きな差が出てしまいました。

これくらいの温度差があると、十分体感で感じとれるレベルです。

部屋の隅に行くと、その温度差を肌でしっかりと感じます。

 

冷房と扇風機を併用した場合

冷房と扇風機を併用

この状態で1時間放置

ポイントA ポイントB ポイントC
25.4度 / 62% 25.9度 / 67% 27.1度 / 64%

多少の変化はあったものの、エアコン単独運転時とは僅差になりました。

やはり、エアコンから離れた場所に移動すると温度差を肌で感じます。

 

冷房とサーキュレーターを併用した場合

冷房とサーキュレーターを併用運転

この状態で1時間放置

ポイントA ポイントB ポイントC
25.3度 / 58% 25.5度 / 59% 26.0度 / 58%

まったく同じ温度とまではいきませんでしたが、それほど大きな差は開きませんでした。

部屋内を移動してみても、場所による温度差を肌で感じることはありません。

ちなみに、サーキュレーターの風量は「弱」で使用しました。

 

それぞれの実験結果まとめ

  ポイントA ポイントB ポイントC 高低差
冷房のみを使用 25.2度 / 68% 26.1度 / 69% 27.4度 / 62% +2.2度
冷房と扇風機を併用 25.4度 / 66% 25.9度 / 67% 27.1度 / 64% +1.7度
冷房とサーキュレーターを併用 25.3度 / 58% 25.5度 / 59% 26.0度 / 58% +0.7度

今回の検証で、サーキュレーターの効果を実感することができました。

さすがソレ・・専用に作られた家電製品だけのことはありますね。

見た目は同じ用に見える扇風機ですが、サーキュレーターのように空気を循環させることは苦手のようです。

サーキュレーター使用時でも、部屋内の温度を均一にするのには多少の時間がかかりました。
我が家の書斎(7畳)の場合は、20~30分ほどの時間を要しました。

【目的別】効率的な使い方

サーキュレーターの最大の特徴は、直線的な風を遠くまで送ること。

その特徴を生かした用途と、効率的な使い方を紹介します。

用途と使い方

  • 冷房時に下にたまった冷たい空気を循環
  • 暖房時に上にたまった温かい空気を循環
  • 天井に向けて、部屋全体に空気を行き渡らせる
  • 外の空気を取り込み、部屋内の空気を効率よく換気
  • 冷暖房の空気を2部屋に循環
  • 室内干し時のこもりがちな空気を循環

 

冷房時に下にたまった冷たい空気を循環

冷房時に下にたまった空気を循環

エアコンから出た冷たい空気は、室内の床付近にたまる性質があります。

サーキュレーターを床に近い場所に設置すれば、冷たい空気を遠く離れた場所に届けることができます。

 

暖房時に上にたまった温かい空気を循環

暖房時に上にたまった温かい空気を循環

エアコンから出た温かい空気は、室内の天井付近にたまる性質があります。

暖房時に、足元がやけに寒く感じるのはこのせいですね。

エアコンの吹き出し口に風を送ってあげることで、足元まで温かい空気を循環させることができます。

 

天井に向けて、部屋全体に空気を行き渡らせる

天井に向けて部屋全体に空気を行き渡らせる

サーキュレーターを天井に向けることで、部屋全体に空気を循環させることができます。

天井付近と床付近との温度差をなくすときに便利ですね。

エアコン使用時とは関係なく、サーキュレーター単体でも効果を発揮します。

 

外の空気を取り込み、部屋内の空気を効率よく換気

外の空気を取り込み、部屋内の空気を効率よく換気

窓に向けて風を送れば、室内の空気を外に押し出し、外の空気を効率よく取り込むことができます。

短時間で換気したいときなどに便利ですね。

 

冷暖房の空気を2部屋に循環

冷暖房の空気を2部屋に循環

  • 1台のエアコンで2部屋を同時に冷やしたい場合
  • 部屋がコの字型などの特殊な形をしている場合

こんな時もサーキュレーターが大活躍します。

扇風機とは異なり、直線的な風を遠くまで届けることができるサーキュレーターならではの使い方です。

 

室内干し時のこもりがちな空気を循環

室内干し時のこもりがちな空気を循環

「サーキュレーターといえば室内干し時に便利」

こう思っている人も多い、もっともポピュラーな使い方ですよね。

洗濯物に風を当てることで乾きを早くするのはもちろん、室内干し時特有のあの・・こもった空気を循環してくれます。

 

高性能な機能にこだわらなければサーキュレーターはお買い得

サーキュレーターは、高いと1万円以上するものもあります。

ただしそれは、機能にこだわった場合。

部屋の空気を循環させるだけの目的で購入するなら、お買い得モデルでも十分です。

 

ここでは、お手頃価格のモデルに絞ってサーキュレーターを紹介します。

 

アイリスオーヤマ 8畳まで 【2000円以下】

アイリスオーヤマのサーキュレーター

サーキュレーターで大人気、アイリスオーヤマの商品です。

通常価格は2,000円ちょっとですが、セール時には1,800円程度で購入できます。

風量の調整は3段階、左右の首振りは付いていませんが、上下は360度回転(手動)が可能です。

 

 

山善 10畳用まで【2,980円】

山善のサーキュレーター

コンパクトながら、10畳まで対応のサーキュレーターです。

この価格帯にもかかわらず、左右自動の首振り機能付きです。

上下角度調整は4段階、真上90度までの範囲調節が可能です。

 

 

iimono117 24畳まで 【4,280円】

iimono117サーキュレーター

  • 左右自動首振り
  • 360度自動回転
  • リモコン付き
  • オフタイマー付き

この価格帯で高機能満載のサーキュレーターです。

畳数も24畳まで対応の、大風量タイプ。

コスパに優れた商品を探している人にぴったりのサーキュレーターです。

 

 

まとめ:一家に1台は欲しい

サーキュレーターは、その特徴から1年を通して使用できます。

一軒家で13台もの扇風機を使っている我が家でも、サーキュレーターの購入は今回が初めて。

小型の扇風機くらいの認識でいましたが、今回の検証でその実力を思い知らされましたね。

  • 部屋内の空気の循環
  • 効率よく外の空気と換気
  • 室内干しの洗濯物を早く乾かす

1台持っていると、何かと役立つこと間違いなしですね。

 

記事内で使用しているサーキュレーターは、カインズホームで購入したものです。

以下の記事内で詳しくレビューしています。

サーキュレーターFF-SQ927W
カインズの360度サーキュレーター【FF-SQ927W】をレビュー

続きを見る

 

こちらの扇風機記事も人気

トイレにおすすめの扇風機
【トイレにおすすめの扇風機】充電式、コンセント不要で使いやすい

続きを見る

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-通販

© 2021 大福日記