生活お役立ち

【Amazon返品交換】保証内なのに返品ボタンがない場合の対処法

2020年2月2日

Amazon返品交換

実店舗に比べて通販での購入は、種類も豊富で価格も安いものが多く本当に便利ですよね。

でも、唯一困るのが買った商品が不良品だったり故障してしまった場合。

修理や返品交換の方法がわからずにそのまま放置・・なんて人も多いはずです。

 

この記事は、こんな人のお役に立てる記事になっています。

小豆
Amazonで購入した電化製品が故障した。
確かまだ保証内のはずなのに、注文履歴を見ても返品や交換のボタンが表示されない。
修理をお願いしたいんだけど、どうしたらいいの?
 

保証期間内であればAmazonで返品ボタンが表示されなくても返品交換や修理は可能

購入から日が浅い商品は、Amazonの購入履歴から簡単に返品や交換をすることができます。

購入日が浅い商品のい返品

 

ですが、購入から1カ月程度が過ぎるとたとえ保証期間内であっても購入履歴に返品するボタンが表示されません。

保証期限内でも返品ボタンが出ない

この商品の場合

保証期間:2019年11月6日~2020年11月6日 記事を書いてる日:2020年2月2日(まだ保証期限内)

 

結論から言うと、たとえ返品するボタンが表示されなくても、保証期間内であれば返品や交換・修理は可能です。

商品の返品が表示されない場合の、返品交換・修理の依頼方法を説明していきます。

 

返品・交換・修理の依頼方法は2通りある

Amazonで商品を購入するときに、こんな表示よく見ませんか?

  • この商品は、Amzon.co.jpが販売、発送します
  • この商品は、○○が販売し、Amzon.co.jpが発送します
  • この商品は、○○が販売、発送します

※○○にはAmazon以外の販売者(マーケットプレイス)が入ります

実は、この販売元や発送元によって返品交換や修理の依頼方法は異なります

 

  • 販売元がAmazon

商品の販売製造メーカーに直接連絡

 

  • 販売元がAmazon以外

Amazonサイトから販売元に連絡

 

大福
販売元は、購入履歴から確認できるよ。

販売元の確認

返品交換や修理依頼の具体的な方法を詳しく解説

  • 販売元がAmazon
  • 販売元がAmazon以外

それぞれの場合の詳しい対処法を実例をあげて解説していきます。

 

販売元がAmazon

トラックボールマウス保証

  • 対処法

👉商品の販売製造メーカーに直接連絡

  • 必要なもの
  • 商品の保証書
  • 納品書もしくは領収書(Amazon購入履歴から印刷可能)

 

商品の返品ボタンがなく、販売元がAmazonになっている場合は直接メーカーに連絡します。

(この場合は、ロジクールに連絡)

メーカーの連絡先は説明書等に記載されていますが、ネットで検索することも可能。

メーカー名 修理 🔎 などと検索すればすぐに見つかるはずです。

 

  • 修理になるのか交換になるのか
  • 修理品を送る際の送料は自己負担なのかメーカー負担なのか

この辺りはメーカーによって対応が異なりますので、修理・交換依頼時に確認してください。

 

販売元がAmazon以外

温湿度計の保証

  • 対処法

👉Amazonサイトから販売元に連絡

  • 必要なもの
  • Amazonでの購入履歴

 

商品の返品ボタンがなく、販売元がAmazon以外の場合はAmazonサイトから販売元に連絡をします。

 

step
1
注文履歴から販売元をクリック

販売元をクリック

Amazonサイト右上の注文履歴をクリック → 販売元名をクリック

 

step
2
質問するをクリック

質問するをクリック

 

step
3
問い合わせ種別を選択

出品者に連絡

  • お問い合わせの種類:取扱商品について
  • お問い合わせ内容:返品及び返金について

メッセージを入力をクリック

 

step
4
問い合わせ内容を記載

メッセージを記入

2019年3月に購入した商品○○(製品名を書く)が故障してしまいました。

症状は、○○です。

返品もしくは交換を希望したいのですが、どのようにしたらいいでしょうか?

こんな感じでメッセージを入力したら、Eメールを送信をクリック。

 

数日以内に、販売元より対応に関しての連絡が来ます。

困った・・こんな時はAmazonカスタマーに連絡

以前、Amazonで購入した商品を返品したときにこんなことがありました。

Amazonで商品を購入

→8か月後に商品が故障

→Amazonサイトから販売元に連絡

→販売元からの回答が不自然な日本語で、どう対処していいのかが不明

 

販売元からの実際のメールがこちら。

意味不明なメッセージ

大福
返品してくれって、そもそもその方法がわからなくて連絡したんだけど・・。

商品は購入からすでに8カ月が経過しているので、Amazonの注文履歴にはすでに商品の返品ボタンが表示されません。

その旨もしっかり伝えましたが、担当者が外国人のようで全然話が噛み合わず先に進めませんでした。

何度かメールのやり取りをしましたが、結局最後まで「とにかく返品してくれ」の1点張り・・。

 

結果的には、Amazonカスタマーに経緯をすべて連絡することで解決しました。

メモ

その時のAmazonカスタマーの対応:商品を返品するボタンを表示してくれた

 

大福
どうしていいのかわからない。

こんな時には、とりあえずAmazonカスタマーへの連絡がベストです。

僕自身何度か連絡したことがありますが、毎回とても丁寧に対応してくれます。

Amazonカスタマーセンター:0120-999-373

 

まとめ:保証期限内の商品はしっかり対応してもらおう

どんな商品でも大抵の場合は1年間の保証がついています。

  • 購入先が通販だから
  • 購入金額が安かったから

こういった理由で商品の交換や修理を諦めてしまうのは、もったいないです。

というわけで、保証期限内の故障は遠慮なく問合せしてみてください。

 

ちなみにこの記事内で紹介した「温湿度計」ですが、我が家では大活躍!

画面の表示が大きて見やすく、最高・最低気温も365日/24時間で切り替えができます。

冷暖房使用時の温度管理、加湿器使用時の湿度管理などの際にすごく便利ですよ。

追加、追加で、結局3台買っちゃいました♪

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
大福

大福

人間関係に嫌気がさして10年間務めた会社を退職。その後3年間のニート生活を送る。自宅にいながらパソコン1台で稼げることを知り、現在はストレスフリーな毎日を送っています。このサイトではブログやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信しています。自宅にいながら稼げるって素晴らしい♪

-生活お役立ち

© 2020 大福日記