How To

アドセンスの振込先にゆうちょ銀行を設定する手順【簡単4ステップ】

2020年4月5日

アドセンス振込先の設定

この記事では、Googleアドセンス報酬の振込先にゆうちょ銀行を設定する手順を紹介しています。

ゆうちょ銀行は、他の銀行に比べると口座設定がちょっと複雑で入力ミスが発生しやすいんです。

というわけで、初めての人でも失敗しないように丁寧にわかりやすく手順を解説していきます。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
アドセンスの振込先にゆうちょ銀行を指定しようと思ったけど、途中でつまづいた。
口座番号の桁数も合わないし、支店コードもわからない。
ゆうちょ銀行はアドセンスの振込み先に指定できないの?

振込先を設定する前の事前準備

事前に済ませておくこと

  • ゆうちょ銀行の【支店コード】と【口座番号】を調べておく

 

アドセンスの振込先にゆうちょ銀行を指定したい場合は、あらかじめ【支店コード】と【口座番号】を調べておいた方がスムーズです。

というのも、手元にゆうちょ銀行の通帳がない場合は【支店コード】と【口座番号】が非常にわかりづらいんですよね。

キャッシュカードには以下の情報しか記載されていません。

ゆちょ銀行キャッシュカード

【記号番号の例】12345-1-01234567

小豆
どれが口座番号で、どれが支店コードなんだ??

Googleアドセンスの振込み先には「3桁の支店コード」「7桁の口座番号」「金融機関コード」を入力する必要があります。

キャッシュカードに記載されている記号番号からは、どれが支店コードや口座番号に当たるのかが全く分かりませんよね。

これが、ゆうちょ銀行を設定する際に入力ミスやつまづいてしまう人が多い原因です。

 

というわけで、こちらのページ(ゆうちょ銀行公式)を参考にしてください。

記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べる【ゆうちょ銀行】

記号番号から振込先を調べる

キャッシュカードに表示されてる「記号番号」を入力するだけで、【支店コード(店番)】【口座番号】【金融機関コード】が表示されます。

 

  • ゆうちょ銀行の通帳があれば一目瞭然

手元にゆうちょ銀行の通帳がある場合は、わざわざ調べる必要はありません。

表紙を1枚めくったその先に、口座を振込先に使用する際の詳細がわかりやすく記載されています。

通帳に記載されたz振込先

Googleアドセンスの振込先にゆうちょ銀行を設定する手順

ゆうちょ銀行をアドセンスの振込先に設定する手順は4ステップ。

わかりやすく解説していきます。

登録のための4ステップ

  1. アドセンスにログインし、お支払いを選択
  2. ゆうちょ銀行の口座情報を入力
  3. 銀行口座を確認
  4. デポジットの金額を入力

 

step
1
アドセンスにログインし、お支払いを選択

お支払情報を追加

アドセンスにログインし、お支払いお支払方法を追加を選択

 

step
2
ゆうちょ銀行の口座情報を入力

お支払い方法を追加

登録画面に必要事項を入力していきます。

銀行口座半角カタカナで入力(スペース不要)

アカウントの種類(口座種目):プルダウンメニューから選択 例;普通

銀行コード9900と入力(ゆうちょ銀行の場合)

支店コード3桁の支店コードを入力

口座番号7桁の口座番号を入力

メインのお支払い方法に設定

【メインのお支払い方法に設定】にチェックが入っていることを確認して保存

 

step
3
銀行口座を確認

銀行口座の確認

こちらの画面が表示されるので、OKを押して画面を閉じます。

デポジットとは?

指定した銀行口座に間違いがないかを確認する作業。

100円未満の少額が指定した口座に入金される。

画面に表示されていた通り、デポジットの入金には3~5営業日かかります。

デポジットの入金が確認でき次第、STEP4に進みます。

 

step
4
デポジットの金額を入力

Googleデポジット

Googleからデポジットの入金があったら、その入金額を覚えておきます。

ちなみに僕の場合は、手続きをした翌日にデポジットが入金されました。

お支払い方法の管理

Googleアドセンスにログイン→お支払いお支払い方法の管理をクリック

口座を確認

確認待ちになっている口座を選択して確認をクリック

デポジットの確認

 

金額を選択 ▼から入金されたデポジット金額を選択して確認をクリック。

入金されるデポジットの金額は、人によって異なります。

銀行口座の確認終了

こちらの画面が表示されれば完了です。

アドセンスの振込先を登録するための条件

アドセンス合格画面

Googleアドセンスに合格したからと言って、すぐに振込先を登録することができるわけではありません。

 

振込先を登録するには、以下の条件をクリアしている必要があります。

  • アドセンス収益が1,000円を超えている
  • 郵送で送られてきたPINコードの入力が済んでいる

 

ブログ等に貼ったアドセンス広告の収益が1,000円を超えると、登録住所にPINコードが記載された郵便物が届きます。

PINコード

郵便物内には専用のPINコードが記載されているので、そのコードをアドセンスにログインして入力する必要があります。

ここまでの作業が終了して初めて、Google アドセンスに報酬の振込先を登録することができます。

 

まとめ:ゆうちょ銀行を指定する際は注意が必要

ゆうちょ銀行の口座番号はちょっと複雑。

入力ミスによって、いつまでも報酬が振込まれない・・なんて事態にならないように注意してくださいね。

 

ちなみにASP【もしもアフィリエイト】を利用・利用を考えている人は、こちらの記事も参考にしてください。

アフィリエイトヘッダー
【簡単】もしもアフィリエイトの登録方法とたった一つの注意点

続きを見る

もしもアフィリエイトの振込先にゆうちょ銀行を指定する際もミスが発生しやすいです。

(ちなみに僕も、ばっちり入力ミスしていました(*ノωノ))

 

小豆
そういえば、なんで振込先をゆうちょ銀行に固執するの?
僕含め、A8.net の振込み手数料の関係でそうしている人が多いと思うよ。
大福

A8.net振込先銀行による手数料の違い

A8NETの振込手数料

参照元:A8.net公式サイトより

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
大福

大福

人間関係に嫌気がさして10年間務めた会社を退職。その後3年間のニート生活を送る。自宅にいながらパソコン1台で稼げることを知り、現在はストレスフリーな毎日を送っています。このサイトではブログやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信しています。自宅にいながら稼げるって素晴らしい♪

-How To

© 2020 大福日記