How To

GIMP【合成した画像に影を付ける方法】明るさの調整も

GIMP

画像編集ソフトGIMPで、画像に影をつける方法の紹介です。

用途に応じた、以下の2つの方法を紹介します。

  • 人物や物に影をつける方法
  • テキストやオブジェクトに影を付ける方法

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
GIMPを使って画像を合成したんだけど、なんだか違和感がある。
これって、もっと自然に見えるようにできないの?

GIMPで合成した画像に影をつける

GIMPでは、選択した任意の画像に影をつけることができます。

というわけで、早速以下の2枚の画像を合成→影を付与してみました。

合成画像 背景画像
合成画像 背景画像

※画像はクリックで拡大できます




影なし

影なし


やはり、影をつけた合成画像の方が自然に見えますね。

早速その手順を解説してきます。

 

無料画像ダウンロードサイト

記事内で使用している画像は、以下の無料画像ダウンロードサイトのものを使用しています。

\ 高品質な画像を無料でダウンロード /

写真AC

商用利用や加工も自由

 

人物や物に最適!遠近法で影を付ける方法

まずは、人物や物につける影に最適な「遠近法」の使い方を解説していきます。

手順

  1. 合成する画像の背景を削除
  2. 画像を合成
  3. 影を付与

 

step
1
合成する画像の背景を削除

背景の削除

合成する画像の背景を削除する

 

GIMPでも画像の背景の削除は可能ですが、ここでは「背景自動削除ツール」を使用しました。
【remove.bg(無料)】は、画像をドロップするだけでAIが自動で背景の削除を行ってくれます。

背景自動削除remove.bgに移動する

 

詳しい使い方は、以下の記事内で解説しています。

画像編集
画像の背景を自動で切り抜き別画像に合成する方法【ブログに最適】

続きを見る

 

step
2
画像を合成

画像を合成

背景画像に画像を合成

 

画像の合成方法は、以下のとおりです。
①背景画像を読み込む
②表示された背景画像の上に、合成したい画像をドロップする

 

step
3
影を付与

影を付与

  1. 影をつけたい画像のレイヤーを選択
  2. フィルター → 照明と投影 → 遠近法

遠近法

角度 影の伸びる方向
地平線の相対的な距離 地平線(仮想)との距離
影の相対的な長さ 影の長さ
ぼかし半径 影のぼかし具合
影の色
不透明度 影の透明度(明るさ)
補間 線形のままで問題なし
画像サイズの変 影が画像からはみ出す場合、それに合わせて画像をサイズを拡大
小豆
・・・。
なんだか複雑で難しそう。
基本的には、「角度」「長さ」「不透明度」くらいの調整だけすればOKだよ。
大福

テキストやオブジェクトに最適!ドロップシャドウで影をつける方法

テキストやオブジェクトに影をつける場合には、「ドロップシャドウ」を使用します。

画像A 画像B
サンプル画像A影なし サンプル画像B影なし
画像A ドロップシャドウあり 画像B ドロップシャドウあり
サンプル画像A影あり サンプル画像B影あり

※画像はクリックで拡大できます

 

操作手順

ドロップシャドウ

  1. 影をつけたいレイヤーを選択
  2. フィルター → 照明と投影 → ドロップシャドウ

 

まとめ:影を使いこなそう

影の使い方を覚えると、画像編集のクオリティが一気に上がります。

というわけで、用途に応じて「遠近法」と「ドロップシャドウ」を使用してみてください。

使っているうちに、どんどん慣れてくするはずです。

 

  • GIMPをもっと使いこなしたいなら

以下の本が1冊あると、画像編集の腕が断然上がります。

小豆
でも、GIMPの使い方ってネットでも調べられるよね?
ネットでは「わからなかったこと」しか調べられないよね。
本なら「できること」がわかるから、全然情報量が違ってくるよ。
大福

 

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-How To

© 2021 大福日記