How To

【Photoscape】角丸モードの丸みをプレビューしながら調整

PhotoScape

画像編集ソフト【Photoscape】で、「角丸モードの丸みをプレビューで確認しながら調整する」方法です。

記事後半では、知っておきたい便利な小技も紹介しています。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
ブログ画像の編集に、Photoscapeをよく使う。
すごく便利なんだけど、唯一不満点が・・。
角丸モードって、画面を見ながら任意の丸みに調整できないの?

Photoscapeでプレビューしながら角丸モードの丸みを調整

画像内にテキストや枠、矢印などを挿入するのに便利なPhotoscape。

ブログ画像の編集に使用している人も多いですよね。

たとえば、こんな感じ。

フォトスケープ例

画像内に図形やテキストを入れることで、物事をわかりやすくユーザーに伝えることができます。

 

大福
すごく便利なんだけど、実は一つだけ不満点が・・。

それが、これ。

丸みの角度が合わない

ボタンなどを囲むのに便利な「角丸モード」ですが、上の画像の通り丸み調整が難しいんですよね。

理由は単純で、プレビューを見ながら丸みの調整ができないから。

細かいことが気になってしまう僕は、このちょっとズレた見た目が嫌で仕方ありません。

 

で、今回紹介する方法で丸みの調整をした画像がこちら。

丸みの角度がピッタリ

デフォルトでは表示されない「プレビュー」を確認しながら調整してみました。

こっちの方が、やっぱり断然見た目がいいですね。

Photoscapeを何年も使ってきた僕ですが、やっと最近この機能の存在に気づきました。

 

Photoscape Xなら「丸みの調整」は簡単

ちょっと紛らわしいですが、Photoscapeには【Photoscape】と【Photoscape X】があります。

両者の違いは、以下のような感じ。

Photoscape Windowsのみで利用可能
・シンプル操作で使いやすく、ブログ用画像の編集にちょうどいい
Photoscape X Windows・Macで利用可能
・機能満載で色々できるが、操作に慣れるまでは大変

 

で、肝心の「角丸モードの丸み調整」ですが、Photoscape Xなら簡単です。

PhotoscapeX

やっぱり、プレビューを見ながら調整は使い勝手がいいですね。

というわけで、Photoscapeでも「プレビューを確認しながら丸みの調整」をする方法を紹介していきます。

角丸モードの丸み調整時にプレビューを表示させる方法

デフォルトでは表示されないプレビューですが、実は表示方法はすごく簡単。

角丸モードの丸み調整が、一気に楽になります。

手順

  1. オブジェクト「角丸」を挿入
  2. オブジェクトを選択
  3. プレビューを確認しながら丸みを調整

 

step
1
オブジェクト「角丸」を挿入

角丸を挿入

オブジェクト → 角丸モード

回転の数値を変更することで「丸みの調整」を行うことができますが、ここではまだ操作しません。
※ここでの操作ではプレビューの確認ができないため

 

step
2
オブジェクトを選択

オブジェクトを選択

オブジェクト選択モード → 丸みを調整したいオブジェクトをダブルクリック

 

step
3
プレビューを確認しながら丸みを調整

プレビューを確認しながら調整

回転 → 任意の丸みに調整

丸みの調整だけでなく、枠線のカラーや厚み、不透明度なども変更できます。

 

大福
プレビューを見ながらだから、思い通りの丸みに調整できるね。

一緒に覚えておきたいPhotoscapeの小技

ここでは、知っていると「ちょっと便利な小技」を紹介します。

【Photoscape】【Photoscape X】で共通して利用できる小技です。

 

便利な小技

Shiftキーを押しながらオブジェクトを描写

オブジェクト挿入時に、Shiftを押しながら描写することで以下のような図形が書けるよ。
大福

 

直線モード → 水平・垂直線

直線モード

画像に対して、水平・垂直な線が引けます。

画像内の複数のラインがすべて平行になると、断然見た目がよくなります。

 

短形モード → 正方形

正方形

縦・横の長さが均等な四角形が描けます。

形の整ったきれいな正方形を画像内に挿入したいときに便利です。

 

楕円モード → 正円

正円

マウス操作では難しい、きれいなまん丸・・・の円を描けます。

まん丸の円は意外と使い所が多く、知っておくと役立ちます。

 

実際の描写の様子を動画で紹介

オブジェクトを描写

 

まとめ:わかりやすい画像を作ろう

「ブログで使う解説画像」や「写真内への注釈入れ」など、Photoscapeは色々な用途で使えます。

で、どうせなら仕上がりにもこだわりたいですよね。

今回紹介した「丸みの調整」は、地味ですが知っておくと役立つ機能です。

ぜひ、今後のお役に立ててください。

 

  • 関連記事

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-How To

© 2021 大福日記