ネットサービス

McAfeeを2台目のパソコンにインストール【方法は2通り】

McAfee2台目インストール

セキュリティソフト【McAfeeリブセーフ】を、2台目以降のデバイスにインストールする方法です。

記事後半では、更新時に利用したい「McAfeeを最安値で購入できるショップ」の紹介もしています。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
McAfeeを使っているんだけど、これって台数無制限で使えるんだよね?
せっかくだから、他のパソコンにもインストールしてみようかな。
簡単にできると嬉しいんだけど。

McAfeeは台数無制限で利用可!2台目のパソコンにインストールしてみた

現在僕が使用しているパソコンでは、セキュリティソフト【McAfeeリブセーフ】を使用しています。

McAfee利用中のPC

利用を始めて3年が立ちますが、動作も軽くお気に入りです。

 

ちなみに、McAfeeを選んだ理由の一つがこれ。

McAfee台数無制限

利用できるデバイス数に制限があるセキュリティソフトが多い中、なんとMcAfeeはインストール台数無制限。

これ、複数台のデバイスを持っている人にとって、めちゃくちゃ魅力的ですよね。

小豆
確かに。
ちなみに、現状は何台のデバイスにインストールして使っているの?
それが・・。
最初にインストールした1台だけなんだ。
大福

複数のデバイスを所有しているにもかかわらず、面倒だからと1年以上なにもせず放置。

せっかくの特典も、これでは何の意味もないですよね。

というわけで、満を持して「2台目のパソコン」にMcAfeeを追加インストールしてみました。

2台目のパソコンへのインストール

大福
インストール作業、めちゃくちゃ簡単だった。
こんなことなら、もっと早くやっておけばよかった。

 

McAfeeの追加インストール方法は2通りある

2台目以降のデバイスにMcAfeeを追加インストールする方法は、以下の2種類です。

  • McAfeeインストール済みのパソコンから操作
  • McAfeeマイアカウント(WEBページ)から操作
小豆
それぞれ、何が違うの? どっちの方法がおすすめ?

「どちらがおすすめ」というのは、特にありません。

それぞれの特徴をまとめましたので、自分にあった方法を選択してください。

  インストール済みのパソコンから操作 マイアカウント(WEBページ)から操作
手順 ダウンロードリンクを送信 ダウンロードリンクを送信 or 直接ダウンロード
メリット ログインをする必要なし インストールを行いたいデバイスのみの操作で完結
デメリット それぞれのデバイスで操作が必要 McAfeeに登録した「ログインID」と「パスワード」が必要

 

無制限でインストール可能なのは、同居している家族のデバイスまでです。
別居している家族宅での利用はできませんので、ご注意ください。

2台目のデバイスにMcAfeeを追加インストールする方法

ここでは、実際に僕が行った「McAfeeインストール済みのパソコンから操作」について手順をわかりやすく解説していきます。

「McAfeeマイアカウント(WEBページ)からの操作方法」は、後半で手順のみ解説しています。

 

手順

  1. McAfeeリブセーフを開く
  2. ダウンロードリンクを送信
  3. 2台目のパソコンでメールを開く
  4. ダウンロード

 

step
1
McAfeeリブセーフを開く

McAfeeを開く

インストール済みのパソコンでMcAfeeを開く

デバイスを保護する

デバイスを保護する

 

step
2
ダウンロードリンクを送信

リンクの送信方法を選択

送信方法を選択 → リンクの送信

 

step
3
2台目のパソコンでメールを開く

McAfeeリンクメール

  1. McAfeeを新たにインストールしたいデバイスでメールを開く
  2. デバイスの種類を選択 → 保護する

 

step
4
ダウンロード

ダウンロード

ダウンロード

画像はMacでの操作時のものです
Windowsパソコンを利用の場合は、表示が若干異なります。

大福
この先は、画面の指示通りに操作していくだけだよ。

インストールの完了

2台目のデバイスへのインストールが終了しました

 

McAfeeマイアカウント(WEBページ)からの操作方法

手順

  1. インストールを行いたいデバイスでMcAfeeマイアカウント にログイン
  2. マイアプリ → ダウンロード
  3. 画面の指示に従って操作

やっておきたい設定McAfeeの自動更新はOFFがおすすめ

契約の自動更新クレジットカードでMcAfeeを購入した場合、「契約の自動更新」がデフォルトで有効になります。

で、期限切れ30日前になると、次の1年分の更新料が自動的にクレジットカードに請求されるって流れですね。

小豆
なるほど。
でも、McAfeeを今後も使い続けていくなら、別に自動更新のままでいいのでは?
価格が安ければそれでもいいんだけど・・。
残念ながら、自動更新の料金は割高なんだ。
大福
  料金 契約期間 1年あたりの料金
自動更新 9,146円 1年間 9,146円
別途購入した場合 7,100円 3年間 2,366円

※Amazonでの価格を参照

ちょっと、料金に差があり過ぎですよね。

別途自分で購入を行った場合、実に「自動更新の4分の1」の料金で済みます。

 

自動更新設定の確認と無効手順

手順

  1. マイアカウントページにログイン
  2. 自動更新のセットアップ
  3. 自動更新メンバーシップを無効に

 


  • マイアカウントページにログイン

    McAfeeアカウントにログイン

    McAfeeマイアカウントページ

    McAfeeに登録した「メールアドレス」と「パスワード」の入力が必要です。


  • 自動更新のセットアップ

    自動更新のットアップ

    アカウント → 自動更新のセットアップ


  • 自動更新メンバーシップを無効に

    自動更新メンバーシップ

    「自動更新が有効」になっている場合は、以下の手順で無効にします。

    自動更新メンバーシップ → 無効にする


小豆
自動更新を無効にしてしまうと、期限が切れそうなときのお知らせが来なくなってしまうのでは? 
大丈夫。
「有効」「無効」に関係なく、期限切れ間近になると通知が届くよ。
大福

 

McAfeeを最安値で購入できる「ベクターPCショップ」

McAfeeを最安値で手に入れたいなら、ベクターPCショップがおすすめです。

定期的に行われているセールを狙えば、【McAfeeリブセーフ 3年版】が4,980円。

もちろん、インストール数は無制限です。

 

ベクターPCショップを見てみる

 

小豆
Amazonよりも更に2,000円以上も安いのは気になる!
でも、ベクターPCショップなんて聞いたことないけど。
こんな人は、以下の記事が参考になるはずだよ。
大福
ベクターPCショップ
ベクターPCショップは安全?実際に最安値でマカフィーを購入してみた

続きを見る

 

まとめ:McAfeeは2台目以降のデバイスへのインストールも簡単

McAfeeなら、2台目以降のデバイスへのインストールも簡単です。

面倒がってずっと放置していた僕ですが、「もっと早くやっておけばよかった」って感じましたね。

ちなみに、自分が使用しているデバイスはもちろん、同居している家族のデバイスにも無制限でインストール可能。

インストールがまだの人は、ぜひ記事を参考にしてください。

 

  • 関連記事

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-ネットサービス

© 2021 大福日記