通販

Amazonあわせ買いがうざい!【あと少しをお得に検索する方法】

Amazonあわせ買い

Amazonの【あわせ買い対象商品】を購入するときに知っておくと便利な小技を紹介します。

具体的にはこんな感じ。

  • あわせ買い対象商品だけに絞って検索する方法
  • あわせ買い対象商品のジャンルを絞って検索する方法
  • あわせ買い対象商品の価格を絞って検索する方法

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
欲しい商品が安くなっていてラッキー♪と思ったら「あわせ買い対象商品」の表示。
2,000円以上になるように無駄な商品を買うのも嫌だし、無理やり欲しいものを探すのも面倒。
なにか良い方法はない? 
   

Amazonあわせ買い対象商品は確かに安い!無駄なものを買わずにGETする方法

小豆
ま~た「あわせ買い対象商品」かいっ💢

あわせ買い対象商品の表示

Amazonで欲しいものを検索した時にこの表示が出てイラっとすることってありますよね。

 

ちなみに【Amazonあわせ買い対象商品】とはこんな内容。

あわせ買い対象商品とは

  • Amazon.co.jp が発送する商品との合計金額が2,000円(税込み)以上にならなければ購入できない
  • 一つの住所へのお届商品の合計が2,000円以上になるようにしなければいけない
  • Amazon定期お得便の商品は合計金額にカウントされない
  • ギフト券は合計金額にカウントされない

 

「ギフト券の購入金額がカウントされない」これはけっこう痛いですよね。

というわけで、あわせ買い対象商品を購入するときは最低でも2,000円以上は購入しなけれないけないということです。

けっこう条件が厳しいので「あわせ買い対象商品」の表示を見た途端にAmazonで購入するのを辞めてしまう人もいるはず。

 

ですが、僕はなんとしてもあわせ買い対象商品を購入する派です。

それにはしっかりとした理由があるのですが、その辺については記事後半で詳しく解説しています。

 

というわけで、ちょっと前置きが長くなりましたが早速本題です。

 

Amazonあわせ買い対象商品をお得に購入する方法

あわせ買い対象商品を無駄なくお得に購入する方法はこれ。

大福
あわせ買い対象商品」×「あわせ買い対象商品」で購入する。

 

そもそも「あわせ買い対象商品」とは、Amazonヘルプではこう解説されています。

あわせ買いヘルプ

もうちょっと噛み砕いて言うとこんな感じですね。

この商品は他と比べてもめちゃくちゃ安くしているから、せめて2,000円以上なにかと一緒に買ってね。

 

だったら無理矢理欲しいものを探して2,000円以上にするよりも、「あわせ買い対象商品」だけで2,000円以上にした方が圧倒的にお得ですよね。

これって、超お買い得なセール品をまとめ買いするような感覚です。

あわせ買い対象商品だけを検索する3つの方法

ここで検索するのは「あわせ買いの対象になる商品」ではありません。

あわせ買いとそうでないもの

検索対象は、あくまでも「あわせ買い対象商品」そのもの。

 

以下の3つの方法で検索していきます。

検索方法

  1. あわせ買い対象商品だけに絞って検索する方法
  2. あわせ買い対象商品のジャンルを絞って検索する方法
  3. あわせ買い対象商品の価格を絞って検索する方法

 

あわせ買い対象商品だけに絞って検索する方法

あわせ買い対象商品だけに絞って検索する方法は驚くほど簡単。

検索窓に【あわせ買い対象商品】と入力するだけです。

 

Amazon検索窓

【あわせ買い対象商品】と入力

対象商品の表示

あわせ買い対象商品だけが表示されます。

「スポンサープロダクト商品」や「一部過去のあわせ買い対象商品」も表示されます。

 

あわせ買い対象商品のジャンルを絞って検索する方法

表示する「あわせ買い対象商品」のジャンルを絞ることもできます。

 

あわせ買い対象商品ジャンル

「あわせ買い対象商品」+「ジャンル」で検索する

 

あわせ買い対象商品の価格を絞って検索する方法

表示する「あわせ買い対象商品」の価格帯を絞ることも可能です。

 

あわせ買い対象商品金額

検索窓に「あわせ買い対象商品」+「○○円以上○○円以下」と入力

価格は必ず半角英数字で入力する必要があります。

あわせ買い商品をそこまでしても購入したい理由

小豆
なんで、そこまでしてあわせ買い対象商品を無理に購入しようとするんだろう?

ここまで読んだ人の中には、こんな風に思っている人もいるはず。

ですが、僕がここまでしてでもあわせ買い対象商品を購入しようとする理由は単純です。

それは、他での販売価格と比べたときに圧倒的に安いから

 

まずは論より証拠。

ここ最近僕が購入した「Amazonあわせ買い対象商品」の価格を他の通販サイトと比べてみました。

僕のAmazon購入履歴より抜粋

購入履歴

  Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング
トイレブラシ 435円 528円 512円
クリーナーブラシ 341円 550円 638円
電源タップ 749円 1,180円 1,210円

全く同じ商品を購入しているにも関わらずこの価格差はすごいですよね。

 

小豆
まぁ確かにそうだけど・・。
でも、結局は2,000円以上にするために無駄な買い物をしていたら意味がないような・・。

見方によっては確かにそうかもしれませんね。

ただし、一緒に購入するものを生活必需品や消耗品にすれば無駄になることはありません。

しかも、それが浮いた分のお金で安く買えているとなるとやっぱりお得です。

 

まとめ:あわせ買い対象商品を狙ってお得に購入しよう

大福
また「あわせ買い対象商品」かぁ・・うざっ。

以前まではこんな風に思っていた僕も、今では真逆の考え方をするようになりました。

というわけで、通常の買い物で2,000円を超えることがあったときはこんな感じ。

大福
ラッキー♪
せっかく2,000円超えたし、なにかあわせ買い対象商品から買おう。

 

Amazonでの購入時に「あわせ買い対象商品」の表示が出たときは、ぜひ紹介した方法を利用してみて下さい。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
大福

大福

人間関係に嫌気がさして10年間務めた会社を退職。その後3年間のニート生活を送る。自宅にいながらパソコン1台で稼げることを知り、現在はストレスフリーな毎日を送っています。このサイトではブログやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信しています。自宅にいながら稼げるって素晴らしい♪

-通販

© 2020 大福日記