通販

iPad Air4ケース【ESRを比較レビュー】結論:おすすめ

2020年11月23日

iPad Air4用ケースをレビュー

通販で人気の【ESR製iPad Air4用ケース】の紹介です。

別のケースと比較しながら、良いところ・残念なところを詳細レビューしていきます。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
ESRのiPad Air4用のケースが気になっている。
購入者のレビューはすごく良いみたいだけど、実際のところはどうなの?

ESR製iPad Air4用ケースをレビュー【結論:おすすめ】

今回レビューするのは、こちらの商品。

iPad Air4用ESRケース

メーカー ESR
サイズ 幅25.1×高さ18.3×厚み1.4㎝
重さ 250g
特徴 磁気吸着式・オートスリープ機能
参考価格(Amazon) 2,599円(税込み)

通販で大人気のiPad Air4用のケースです。

YouTube動画などでも「おすすめのケース」としてよく紹介されていますね。

いきなりですが、結論から言うと「買って損なし!のおすすめケース」でした。

 

実際に使ってみた評価は、こんな感じです。

見た目 使いやすさ 傷・汚れ

ちょっと気になる点もありましたが、総合的には満足点です。

というわけで、早速詳細レビューしていきます。

ここがお気に入り!ESR製ケースのおすすめポイント3つ

まずは「買ってよかった」と感じたおすすめポイントから紹介していきます。

おすすめポイント

  1. まるで純正のようなスタイリッシュな見た目
  2. 保護フィルムとの干渉の心配なし
  3. ペン収納はやっぱり便利

 

まるで純正のようなスタイリッシュな見た目

数あるiPad Air4用のケースからESR製のケースを選んだ一番の理由が、その見た目。

留め具のない磁気吸着式ケースは、やっぱり見た目がすごくスタイリッシュです。

 

ちなみに、よくある側面を全面覆うタイプのケースを装着した場合の見た目がこれ。

全面保護ケース

iPad全体を覆ってしまうので、どうしてもぼってりした印象になってしまいます。

で、側面に枠の無いESRタイプを装着した場合がこちら。

ESR製 Apple純正
純正品のような見た目のケース Apple純正ケース

画像はクリックで拡大できます

やはり見た目の印象が全然違いますね。

側面が覆われていないので、とてもスッキリしていてスタイリッシュに見えます。

約9,000円近くするApple純正品と比較してみても、まったく見劣りしません。

 

保護フィルムとの干渉の心配なし

留め具タイプのケースは、フィルムの種類や貼り方によってはケースと干渉してしまうことも・・。

フィルムの干渉

その点、磁気吸着式のケースならそんな心配は皆無ですね。

フィルムとケースの干渉はなし

多少ズレてフィルムを貼ってしまったとしても、ケースとフィルムが干渉することはありません。

 

小豆
でもiPadが固定されていないから、持ち運びがちょっと心配。
磁気が弱くてケースから外れてしまうことはないの? 

磁気吸着の力

磁気の吸着力については僕も少し心配していましたが、全然問題ありませんでした。

 

ペン収納はやっぱり便利

ケース内にペンを収納

ケース内にペンが収納できるのは、やっぱり便利ですね。

ペンの紛失防止はもちろん、持ち運び時にバッグ内でペンが外れてしまうということもありません。

 

もちろん、ペンがない状態でも問題なし。

ペンなしにも対応

変な隙間ができることもなく、ピタっとカバーを閉じられます。

 

ちなみに、iPad使用時には留め具が邪魔になることもなし。

留め具がブラブラの状態 留め具をくっつけた状態
留め具がブラブラの状態 留め具を固定

画像はクリックで拡大できます

留め具は本体にピタッとくっつくので、ブラブラして邪魔になることはありません。

 

 

購入前に知っておきたい残念ポイント

総合的には大満足のESR製ケースですが、ちょっと残念に感じるポイントもありました。

3つ紹介します。

残念ポイント

  1. カバーを開けるのが手間
  2. 持ち上げたときにペンが外れてしまう
  3. 傷はつきやすい

 

カバーを開けるのが手間

ペンの留め具がある分、iPadを使用するときにはちょっと手間を感じます。

留め具の無いケース ESR製のケース
カバーを開いてすぐに使用可 カバーを開けるのが手間

画像はクリックで拡大できます

留め具の無いケースならカバーを開けるだけですぐに使用できますが、このケースの場合はもうひと手間が必要。

これが毎回となると、ちょっと面倒に感じます。

 

とは言え、やっぱりペンを収納できるケースは便利。

僕は2種類のケースを持っていますが、メインで使用しているのはESR製のケースです。

 

持ち上げたときにペンが外れてしまう

以下の画像のように、机の上からiPadを持ち上げようとすると、ケース内でペンが外れてしまうんです。

ケースを持ち上げる

ケース内でペンがズレる

ペンの部分を持たなければいいのですが、それだと持ち上げづらい・・。

毎回こんなことを繰り返していると本体に傷がつきそうで不安なので、YouTube動画を参考に保護シールを貼りました。

傷防止用テープ

 

参考にしたYouTube動画

使用したフィルム

 

傷はつきやすい

これはもう仕方のないことですが、全体を保護するケースに比べるとiPadは傷つきやすいですね。

本体側面はむき出し

家での使用がメインの場合はそれほど心配する必要なしですが、外への持ち運びが多い人は注意が必要。

バッグに入れて持ち運ぶ際は、別途スリーブケースなどに入れたほうが安心です。

 

通販で人気のおすすめケース【ESR製との比較】

今回僕が購入したESR製のケースもおすすめですが、それ以外にも通販で人気のiPad Air4用のケースを3つ紹介します。

比較検討用として参考にしてください。

 

【Ztotop】 iPad Air 4 ケース  ペンシル収納付き

Ztotop iPad Air 4 ケース

特徴

  • 全面保護ケースで傷がつきづらい
  • ペン収納ケース付き
  • 価格が安い

こちらのケースの魅力は、なんといってもその価格。

ESR製のケースより1,000円近く安く購入できます。

 

ペンを個別に収納できるスペースがあるので、ESR製のような留め具はなし。

というわけで、カバーをめくるだけでサッとiPadを使用することができます。

ただし、オートスリープ機能はついていないので購入時には注意です。

 

 

【ESR】 iPad Air 4 ケース 2020  Pencilホルダー付き

ESR iPad Air 4 ケース

特徴

  • 全面保護ケースで傷がつきづらい
  • ペン収納ケース付き
  • オートスリープ機能付き

こちらはESR製の全面保護タイプのケース。

上で紹介したZtotop製の商品とかなり類似していますが、オートスリープ機能がついています。

カラー展開も豊富で、6色から選択することができます。

 

 

【Ztotop】 iPad Air 4ケース  磁気吸着式

Ztotop iPad Air 4ケース

特徴

  • 磁気吸着式
  • オートスリープ機能付き

今回僕が購入したESR製のケースに近い商品ですが、こちらはペンを留めておく留め具がないタイプ。

iPad使用に「①留め具を外してから②カバーを開ける」手間が面倒な人におすすめのケースです。

 

 

まとめ:ESR製のケースは評判通りの使いやすさ

今回僕が購入したESR製のケースは、評判通りの商品でした。

使い勝手はもちろん、その見た目もすごく気に入っています。

ちょっと気になる点も確かにありますが、全然許容範囲!

「どのケースにするか迷っている」

こんな人に、ぜひ使ってもらいたいケースです。

 

  • こちらの記事もおすすめ
iPad用アンチグレアガラスフィルム
吉川優品のアンチグレアガラスフィルムをレビュー【評判を確かめてみた】

続きを見る

iPad用スタイラスペンの感度が良すぎる
iPad用スタイラスペン【電源感度が良すぎる】を自作グッズで解決

続きを見る

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-通販

© 2021 大福日記