通販

TP-Linkの中継機【RE505Xをレビュー】Wi-Fiの届かない部屋に設置してみた

TP-Link中継機RE505X

TP-LinkのWi-Fi6中継機【RE505X】のレビューです。

設置の目的は、宅内のWi-Fiが届かずスマホが使えない部屋用。

具体的な速度の測定結果や、記事後半では同社の【RE605X】とのスペック比較も紹介しています。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
自宅内に、Wi-Fiの届かない部屋が一部屋ある。
中継機を使うといいみたいなことは聞くけど、本当に効果はあるの?
設置前と設置後の違いを詳しく知りたい。

本記事はTP-Link様よりサンプルを提供して頂き作成しています。

TP-Linkの中継機【RE505X】を使用したらWi-Fiが届くようになった

我が家には、Wi-Fiが届かずスマホやパソコンが使えない部屋が一部屋だけあります。

Wi-Fiのつながらない部屋

というわけで、以下の商品を使用してみました。

中継機RE505X

TP-LinkのWi-Fi6対応中継機【RE505X】です。

TP-Linkといえば、無線LAN機器で有名な通販でも人気のメーカーですね。

小豆
中継機ってよく聞くけど・・。
具体的には何をどうすることができるの?

中継機の役割

  • Wi-Fiルーターから遠い部屋のネット速度を改善できる
  • Wi-Fi電波の届く範囲を拡張できるので、家中で快適にネットができるようになる

 

僕が感じた【RE505X】の魅力は、以下の通りです。

RE505Xのここが魅力

  • 設定が簡単
    専用のアプリに従って操作するだけだから簡単
  • 新規格Wi-Fi6に対応
    接続台数が多く混雑した環境でも、より安定した高速通信が可能
  • 他社のWi-Fiルーターでも使える
    親機が他社製でも問題なく使用できる
  • ブリッジモードが使用できる
    有線を無線化することができる(例:壁のLAN端子などと有線接続)
  • イーサーネットコンバーターとしても使える
    無線を有線化することができる(例:中継機本体のLANポートとパソコンなどを有線接続)

※Wi-Fi6に対応しているのは、5GHz帯のみです

さすが通販で人気の商品だけありますね。

高機能な上に価格もお手頃で、コスパ最高です。

小豆
ちなみに、中継機を使ってWi-Fiは実際に届くようになったの?
それが、もうバッチリ!
期待以上の働きをしてくれたよ。
大福

具体的な測定結果などは、記事後半で詳しく紹介しています。

 

我が家が中継機を使用するまでの経緯

中継機設置の経緯

今回我が家が中継機を利用するに至ったまでの経緯は、こんな感じです。

我が家のケース

  1. BUFFALOのWi-Fiルーターを使用
    まったくWi-Fiが届かずスマホが使えない部屋がある
  2. Wi-FiルーターをTP-Link「Archer AX73」に交換
    かろうじてWi-Fiが届くようになったが、速度が遅く動画視聴が止まることも

  3. TP-Linkの中継機「RE505X」を設置

中継機を設置することで、これらの問題はすべて解決。

Wi-Fi電波の届かなかったこの部屋でも、無事スマホやパソコンを使用できるようになりました。

今後は、快適にネットができるこの部屋で過ごす時間が増えそうです。

「ルーター単体での速度測定」と「中継機を使った場合の速度測定」の結果は、記事後半で詳しく紹介しています。

 

TP-Link中継機【RE505X】をレビュー

以下の項目でTP-LinkのWi-Fi6中継機【RE505X】をレビューしていきます。

レビュー項目

  1. スペック
  2. 外観・付属品
  3. 設定

 

スペック

RE505X本体

製品 TP-Link Wi-Fi6中継機 RE505X
無線速度 5GHz:1200 Mbps
2.4GHz:300Mbps
対応規格 5GHz:IEEE 802.11a/n/ac/ax
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
アンテナ 外部アンテナ × 2
ポート ギガビットLANポート×1
ボタン WPSボタン、リセットボタン
製品サイズ 幅 74.0 × 奥行 46 × 高さ 124.8mm
消費電力 10W
参考価格 6,900円(税込み)

製品の特徴

  • 設定は専用アプリから簡単
  • Wi-Fi6対応で、最大通信速度は1200Mbps
  • ブリッジモードで有線を無線にすることができる
  • イーサーネットコンバーターで無線を有線にすることができる

 

小豆
ブリッジモード?イーサーネットコンバーター??
  ブリッジモード イーサーネットコンバーター
イメージ画像 ブリッジモード イーサーネットコンバーターで接続

こんな用途に

各部屋にLANポートはある。
だが、使用したい機器は無線接続にしか対応していない。
部屋にWi-Fiは届いている。
だが、使いたい機器は有線接続にしか対応していない。
特徴 マンションなど、部屋ごとにLANポートがある場合に便利。
LANポートを無線親機などと有線接続することで、有線を無線化することができる。
イーサーネットコンバーターを利用すれば、無線を有線化することができる。
一昔前のテレビやレコーダーなど、有線接続にしか対応していないデバイスの接続に便利。

 

外観・付属品

TP-Link「RE505X]と付属品

付属品は、RE505X本体とかんたん設定ガイドです。

別途ACアダプターなどは必要とせず、本体を直接コンセントに挿して使用します。

 

色々な角度から撮影してみました。

正面 横から(正面右) 横から(正面左)
正面 RE505X右横 RE505X左横
裏面 上から 下から
RE505X裏面 上から 下から
LED部 シール コンセントに接続
RE505XLED部 シール部 RE505Xをコンセントに接続

画像はクリックで拡大できます

全体的に、高級感のあるしっかりとした作りですね。

個人的には、フラットでシンプルなこの見た目がとても気に入りました。

 

本体から出ているアンテナは、180度(無段階)調整が可能です。

0度 90度 180度
アンテナ0度 アンテナ90度 アンテナ180度

画像はクリックで拡大できます

小豆
アンテナの向きを変えると、どんな効果があるの?
より電波を飛ばしたい範囲を、自分で調整できるんだ。
大福

電波はアンテナを立てると水平(横方向)に、寝かせると垂直(縦方向)に飛びます。

 

ちなみに、こちらがRE505Xをコンセントに挿した状態。

中継機とコンセント

中継機を挿した状態でも下のコンセントは使用可能ですが、サイズの大きな物を挿すことができません。

その場合は、別途延長コードなどで対応します。

中継機は自立する

 

設定

専用アプリ

中継機「RE505X」の設定は、専用アプリから行います。

設定はアプリから

アプリの指示に従って操作するだけなので、簡単です。

僕の場合は、3分程度で設定が終わりました。

 

 

Wi-Fi電波の届きづらい部屋で中継機の実力を検証してみた

冒頭でも書きましたが、我が家にはWi-Fiの電波がほぼ届かない部屋が一部屋あります。

Wi-Fiルーターの設置場所と、その部屋との距離は以下の通り。

距離ルーターの設置場所

メモ

ルータ設置場所:2階北側の洋室 
Wi-Fiが届かない部屋:1階南側の洋室

 

中継機の実力を検証するために、以下のような測定を行ってみました。

検証実験

  1. Wi-Fiルーター「BUFFALO【WSR-1166DHPL】を単体で使用
  2. Wi-Fiルーター「TP-Link【Archer AX73】を単体で使用
  3. Wi-Fi中継機「TP-Link【RE505X】」を使用

我が家の固定回線は、コミュファ光「1Gホームです」。
測定は、日曜日の午後2時頃に行いました。
中継機「RE505X」は、Wi-Fiルーター「Archer AX73」との組み合わせで使用しました。

 

それぞれのスペックは、以下のとおりです。

  BUFFALO
WSR-1166DHPL
TP-Link
Archer AX73
TP-Link中継機
RE505X
画像 BUFFALO「WSR-1166DHPL」 AX73 RE505X
最大通信速度(理論値) 866(5GHz)+300(2.4GHz) 4804(5GHz)+574(2.4GHz) 1200(5GHz)+300(2.4GHz)
通信規格 5GHz:IEEE 802.11a/n/ac
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
5GHz:IEEE 802.11a/n/ac/ax
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax 
5GHz:IEEE 802.11a/n/ac/ax
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
アンテナ 2本 6本 2本
最大接続数 12台 80台 親機に依存
参考価格 6,000円前後 13,600円前後 6900円前後

 

測定結果

1階リビング

測定には、【iPhone11(Wi-Fi6対応)】【MacBook Air(Wi-Fi6非対応)】を使用しました。

  BUFFALO
WSR-1166DHPL
TP-Link
Archer AX73
TP-Link中継機
RE505X
iPhone【5GHz】 下り:130Mbps
上り:73Mbps
MacBook Air【5GHz】 下り:130Mbps
上り:64Mbps
iPhone【2.4GHz】 下り:15Mbps
上り:12Mbps
下り:61Mbps
上り:48Mbps
MacBook Air【2.4GHz】 下り:36Mbps
上り:32Mbps
下り:23Mbps
上り:16Mbps
下り:72Mbps
上り:53Mbps

 

BUFFALOのルーターではスマホは全然ダメ、パソコンだけがかろうじて使える状態です。

TP-Link「Archer AX73」に変更すると、2.4GHz帯でのみスマホもパソコンも使用できるようになりました。

で、中継機を使用した結果にはビックリ。

5GHz、2.4GHz共に、十分すぎるほどのスピードが出るようになりました。

大福
この速度なら4K動画だって問題なく楽しめるから、超うれしい。

 

中継機の設置場所

今回の検証では、中継機は以下の場所に設置しました。

階段に設置

Wi-Fiルーターの設置場所と、電波の届かない部屋のちょうど中間地点ですね。

設置に適した場所はアプリが教えてくれるので、迷うことなく効果的な設置場所を決めることができます。

設置場所のアドバイス

 

購入前にチェックしておきたい!中継機「RE505X」と「RE605X」の違い

TP-Linkの中継機を購入しようとすると、同社の「RE605X」も気になるはずです。

RE505XとRE605X

両者の見た目はほぼ一緒ですが、機能面が若干異なります。

 

それぞれのスペック詳細は、以下の通りです。

  RE505X RE605X
無線速度 5GHz:1200 Mbps
2.4GHz:300Mbps
5GHz:1201 Mbps
2.4GHz:574Mbps
対応規格 5GHz:IEEE 802.11a/n/ac/ax
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n
5GHz:IEEE 802.11a/n/ac/ax
2.4GHz:IEEE 802.11b/g/n/ax
アンテナ 外部アンテナ × 2
ポート ギガビットLANポート×1
ボタン WPSボタン、リセットボタン
製品サイズ 幅 74.0 × 奥行 46 × 高さ 124.8mm
消費電力 10W
参考価格 6,900円(税込み) 8,600円(税込み)
リンク 詳しく見てみる 詳しく見てみる

「RE505X」と「RE605X」との決定的な違いは、2GHz帯でのWi-Fi6対応の可否ですね。

「RE505X」は5GHz帯のみWi-Fi6に対応ですが、「RE605X」は2GHz帯でもWi-Fi6に対応しています。

小豆
それって、どう違ってくるの?
Wi-Fiルーター設置場所との距離によっては、「RE605X」の方がより高速通信ができる可能性があるんだ。
大福

例えば「RE505X」で高速なWi-Fi6を利用するためには、5GHz帯の電波が届く範囲に中継機を設置する必要がありました。

逆の言い方をすれば、5GHz帯の電波が届く範囲内でしか「RE505X」はWi-Fi6を利用した高速通信ができないということです。

それに対し、2.4GHz帯でもWi-Fi6を利用可能な「RE605X」なら、5GHz帯では電波が届かない離れた場所でもWi-Fi6を利用した高速通信が可能ということです。

Wi-Fi6を利用するには、受信側のデバイスもWi-Fi6に対応している必要があります。

 

小豆
わかったような、わからないような・・。
「5GHz帯」と「2.4GHz帯」の電波の違いは、以下の通りだよ。
大福
  5GHz帯 2.4GHz帯
電波の届く範囲 短い(近距離) 長い(遠距離)
電波の強度 弱い 強い
メリット 非常に繋がりやすく安定している 壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届く
デメリット 壁や床などの障害物に弱く、2.4GHz帯と比較すると電波の届く距離が短い 家電製品でよく使用されている無線帯域なので、干渉し不安定になりやすい

 

小豆
なるほど。
自宅の特徴がよくわからない場合は、「RE605X」を選んでおくほうが無難そうだね。

 

RE505X

 

RE605X

 

まとめ:中継機の効果がすごかった

今回僕は、初めて中継機を使用しました。

その効果は、思っていた以上のものでしたね。

以前まではWi-Fiが届かなかった部屋ですが、今後は快適に過ごせそうです。

  • Wi-Fiが届かずネットができない部屋がある
  • Wi-Fiルーターからの距離が遠く、ネットの速度が遅い部屋がある

こんな人は、ぜひ中継機の設置を検討してみて下さい。

 

  • 関連記事
TP-LinkArcher AX73比較
【TP-Link Archer AX73レビュー】Wi-Fiルーターを交換して各部屋で計測してみた

続きを見る

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人

大福

ブロガー兼アフィリエイター歴4年目。
当ブログのアクセス数は月7万PVほど。
月に20万円ほどのブログ収入で、田舎でのんびりと暮らしています。
人懐っこい性格ですが、人見知りです。

-通販

© 2021 大福日記