AFFINGER

AFFINGER5で便利な3つの内部リンク【記事が読まれないを解決】

内部リンク

  • 新着記事が読まれない
  • 収益化記事にアクセスを集めたい
  • 内部リンクを設置してもクリックされない

まさに、ブロガーあるあるですね。

でも、AFFINGER5の内部リンク機能を使えばこんな悩みは解決!

特定の記事にアクセスを流してくれる便利な内部リンク機能の紹介です。

 

こんな人のお役に立てる記事です。

小豆
あの記事を読んでもらえさえすれば、このブログももっと収益化が見込めるはずなのに・・。
特定の記事にアクセスを集める良い方法は何かないものか?

特定の記事にアクセスを集めるAFFINGER5の便利な内部リンク3つ

ブログ内の特定の記事にアクセスを集めたいなら、「内部リンク」を使うのが効果的です。

ちなみに内部リンクとは、👇こんな感じのやつですね。

 

小豆
それなら既にやっているけど、その肝心の内部リンクが全然クリックされないんだ。
それ、内部リンクが記事に埋もれて目立っていなかったり、置き方に問題があるのかも。
大福

記事を訪れた検索ユーザーの大半は、ブログ記事を流し読みしています。

というわけで、全く目立たない内部リンクは気づかずにスルーされている可能性大ですね。

 

そこで効果的なのがAFFINGER5の内部リンク機能というわけです。

 

これは目立つ!スルーされづらいAFFINGER5の内部リンク機能

今回紹介するAFFINGER5の内部リンクは以下の3つ。

AFFINGER5内部リンク

  1. スライドショー型内部リンク
  2. 特定の記事をピンポイントで紹介するブログカード
  3. 新着記事にアクセスを集めやすくする「お知らせ機能」

こんな悩みを解決するのにピッタリの内部リンクです。

  • 新着記事が読まれない
  • 収益化記事にアクセスを集めたい
  • 内部リンクを設置してもクリックされない

 

ちなみに内部リンクは、ただ闇雲に設置すればいいというわけではありません。

効果的な内部リンクの置き方は、僕の経験談を踏まえて記事後半で解説しています。

それぞれの内部リンクの設置方法

AFFINGER5内部リンク

  1. スライドショー型内部リンク
  2. 特定の記事をピンポイントで紹介するブログカード
  3. 新着記事にアクセスを集めやすくする「お知らせ機能」
大福
AFFINGER5の内部リンクは、どれも目立つからクリックされやすいんだ。

それぞれの設置方法を一つずつ解説していきます。

 

スライドショー型内部リンク

画像編集

作業効率化

2020/10/20

画像の背景を自動で切り抜き別画像に合成する方法【ブログに最適】

撮影用照明画像

通販

2020/10/19

ブログ写真撮影用の照明を2,000円台で購入【物撮りレビュー】

TP-Link Tapo C200レビュー

通販

2020/10/16

【TP-Link Tapo C200レビュー】良いトコ・悪いトコ

PhotoScape

How To

2020/10/13

【PhotoScape】挿入後の矢印や枠の位置・サイズを編集する方法

 

使い方

タグ → 記事一覧/カード → カテゴリ一覧(スライドショー)

 

デフォルトの設定では、新着記事がスライドショーに設定されています。

IDを指定して、特定のカテゴリの記事を表示することも可能です。

こんな場所で利用可能

記事内・TOPページ

 

特定の記事をピンポイントで紹介するブログカード

WordPressプレビュー
WordPressプレビューを表示させるショートカット【簡単】

続きを見る

 

内部リンクカード

使い方

カード → 記事IDを入力

 

読んでもらいたい記事をピンポイントで紹介することができます。

文字だらけの記事内でも目立つので効果絶大!

僕の場合、最も頻繁に利用する内部リンクがこれです。

こんな場所で利用可能

記事内・TOPページ

 

新着記事にアクセスを集めやすくする「お知らせ機能」

新着記事お知らせ

 

お知らせ機能

使い方

AFFINGER5管理 → トップページ → お知らせをTOPページの一番上に表示するにチェック

 

検索から記事を訪れたユーザーは、記事を読み終わった後にTOPページにアクセスすることがけっこうあります。

TOPページに新着記事を表示させておけば、クリックされる可能性大です。

このお知らせ機能、新着記事以外にも表示する記事のカテゴリを指定することが可能です。

こんな場所で利用可能

TOPページ

効果的な内部リンクの設置場所はここ

内部リンクは、ただ闇雲に設置しても意味がありません。

全くクリックされない内部リンクは、ただ邪魔なだけ。

 

というわけで、ブログ歴3年目の僕が効果的だと実感した内部リンクの設置場所を3つ紹介します。

効果的な内部リンクの設置場所

  1. TOPページ
  2. 関連性のある記事
  3. アクセスが多く集まっている記事

 

TOPページ

TOPページに置いた内部リンクは、やっぱりクリックされやすいですね。

ちなみに、このブログの場合だとこんな感じ。

ブログTOPページ

TOPページの最上部に大きくて目立つスライドショー型の内部リンクを設置し、新着記事が表示されるようにしています。

ちなみに、通常は書いたばかりの記事にアクセスが集まりだすまでには3カ月~半年くらいかかると言われてます。

僕の場合、TOPページに新着記事を目立つように表示しているおかげで、早い場合は当日、遅くても記事を書いた次の日にはアクセスがあります。

 

関連性のある記事

記事本文の途中に内部リンクを設置するときは、必ず関連性のある記事への内部リンクを設置します。

本文中に突然「関連性のない記事への内部リンク」が出てきても、クリックもされないどころか不信感さえ湧いてしまいますからね。

ちょっと実例を挙げてみます。

というわけで、僕はワードプレス有料テーマのAFFINGER5を使用しています。

おかげでブログの収益化にも成功!まさに「買ってよかった」を実感しています。

  • こちらの記事もおすすめ
扇風機TOP
首振りの角度調節ができる扇風機【もう無駄な範囲に風は送らない】

続きを見る

ちなみにAFFINGER5の価格は、税込みで14,800円。

 

小豆
ん!?突然なんだっ?

ちょっと極端な例でしたが、実際にこういったブログを見かけることってよくあります。

 

記事中に内部リンクを設置するときは、以下の点を意識するとクリック率が上がります。

  • この記事を読んでいる人に役立ちそうな情報
  • この記事を読んている人が興味を持ちそうな内容

 

これって、通販サイトでよくある「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のシステムに近いですね。

 

アクセスが多く集まっている記事

アクセスが多く集まっている記事への内部リンクの設置は、めちゃくちゃ効果的です。

はっきり言って、簡単に希望の記事へアクセスを流すことができます。

こんな風にイメージするとわかりやすいかも。

  • アクセスの少ない記事への内部リンクの設置

人通りの少ない道路

👉人通りの少ない田舎の道路沿いに広告を設置

小豆
せっかく広告(=内部リンク)を設置しても、見てくれる人がいないんじゃ意味ないよね。

 

  • アクセスの多い記事への内部リンクの設置

多くの人で混雑

👉毎日多くの人が利用する駅の入り口に広告を設置

小豆
これだけ多くの人が集まる場所なら、広告(=内部リンク)の効果も高そうだね。

 

内部リンクを設置するなら、アクセスの多い記事に設置したほうが当然効果は高くなります。

ちなみに、この効果を応用すればこんなことも可能ですよね。

大福
ライバルの少ないニッチなキーワードで集客して、収益化を狙う記事に内部リンク。

これ、覚えておくとブログの収益化にすごく役立ちます。

 

まとめ:AFFINGER5の内部リンク機能を活用しよう

  • 新着記事が読まれない
  • 収益化記事にアクセスを集めたい
  • 内部リンクを設置してもクリックされない

こんな時は、今回紹介した内部リンク機能をぜひ利用してみて下さいね。

 

これ以外にも、AFFINGER5関連の記事をたくさん書いています。

 

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
大福

大福

人間関係に嫌気がさして10年間務めた会社を退職。その後3年間のニート生活を送る。自宅にいながらパソコン1台で稼げることを知り、現在はストレスフリーな毎日を送っています。このサイトではブログやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信しています。自宅にいながら稼げるって素晴らしい♪

-AFFINGER

© 2020 大福日記