ブログ・アフィリエイト

アフィリエイトで稼ぐための1日の作業時間は?何記事書いてる?

2019年9月8日

大福
こんにちは、大福です。
 

2018年からアフィリエイトを始め、1年半かけてやっと月に5~10万円程稼げるようになりました。

ここまで来るまでには、たくさんの不安や疑問がありましたね。

その中でも特に気になっていたのは、こんなこと。

  • アフィリエイトで稼いでいる人って、一体1日どれくらいの時間作業しているの?
  • 1日何時間くらい作業すれば、稼げるようになるの?

 

以前の僕もそうでしたが、始めたばかりの頃ってすごく他人のことが気になりませんか?

実際に、検索している人も多いようですね。

 

ということで、やっと稼げるようになった僕の1日の「作業時間」や「作業内容」「スケジュール」をここでは紹介します。

僕がアフィリエイト作業にかける時間は1日6時間前後

平均すると、僕がアフィリエイト作業に欠けている時間はだいたい1日6時間前後です。

もちろんそれが毎日というわけではなく、時には3時間程度の作業で終わることもあります。

 

小豆
え!?そんなにも作業しないといけないの・・。おいらには無理だ。
 

時間だけを聞いたら、すごくアフィリエイト作業に時間をかけているように感じますよね。

でも、その内実際に記事を書いている時間は3時間前後なんです。

この辺の細かいことに関しては、後々説明しますね。

 

そして、1日に書く記事数は1記事です。

僕の場合は、1記事仕上げるのにだいたい4~6時間くらいかかります。

1記事あたりの文字数は、平均して3~4000文字前後。

もちろん、狙うキーワードによっては1~2000文字くらいで終わることもありますが、だいたいこんな感じですね。

 

作業をするのは、週に4~5日です。

僕の場合は専業でアフィリエイトをしているので、本来はもっと作業をするべきかもしれません。

でも、1年半の間作業を続けてきた結果、今は週に4~5日に落ち着きました。

 

月に5~10万円稼いでいる大福の作業環境

1日の作業時間:平均6時間

1日に生産する記事数:1記事

1記事当たりにかかる時間:4~6時間

1週間の内作業をする日:4~5日

 

小豆
大福の1日の作業時間はわかったけど、全体ではどんな感じなの?

ちなみにアフィリエイトマーケティング協会の調査によると、1日のアフィリエイト作業にかけている時間の割合はこんな感じです。

引用元:アフィリエイトマーケティング協会による市場調査【2019年】

 

作業時間の内訳と1日のスケジュール

小豆
そんなに作業に集中できない。・・というか、物理的にそれだけの時間をアフィリエイトに割く余裕がない。

 

あくまでも、僕の場合は専業アフィリエイターです。

だから、副業でアフィリエイトをしている方やこれから始めようと思っている人は、僕と比べる必要なんて全然ありませんよ。

 

  • 子育てや家事に追われて1日にとれる時間は1~2時間
  • 会社が終わって帰宅してから就寝前に1時間だけ作業

こんな人たちで、僕よりも圧倒的に稼いでいる人たちだってたくさんいます。

 

それに僕は、そんなに効率の良い人間ではありません。

集中力も長続きするわけではないので、6時間の内、真剣に作業しているのは多分3時間くらいです。

 

作業時間6時間の内訳

 

step
1
記事の題材を決める 【30分~1時間】

大福
今日は何について書こうかなぁ?

関連キーワード取得ツールを見たりしながら、「どんな記事を書く」かを考えます。

 

step
2
キーワードを深堀する 【30分~1時間】

大福
このキーワードで検索する人は、どんな人だろう?

記事に書きたいことが決まったら、キーワード選定をしていきます。

この時同時にペルソナ設定もしていきます。

キーワード選定やペルソナ設定に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

関連
アフィリエイトヘッダー
初心者でも実践しやすい!アフィリエイトのキーワードの選び方

続きを見る

 

step
3
記事の構成を考える 【30分~1時間】

大福
読みやすい上に、説得力のある文章にしなければ。

記事に書きたい内容が決まったら、見出しを作成します。

【前置き】→【結論】→【根拠】→【まとめ】

こんな感じの順序で文章を組み立てると、説得力のあるわかりやすい文書が書けます。

 

step
4
実際に記事を書いていく【3時間前後】

大福
最初に、見出しを決めておくと楽ちんだなぁ。

先ほど並べた見出しに沿って、実際に記事を書いていきます。

もちろん3時間ぶっ通すほどの集中力はありませんので、途中で何回か休憩をします。

 

step
5
記事の装飾をする【30分~1時間】

大福
検索者の人が読みやすい記事にせねば。 

僕の場合は、記事を全て書き終わってから記事装飾をします。

記事を書き終わったら、検索者の気持ちになって自分が書いた記事を読み直してみます。

その上で、重要だなってところを装飾したり、わかりづらいところにはイラストなどを入れていきます。

 

1日のスケジュール

もともとニートだった僕は、以前までは完全に夜型の人間でしたね。

昼間は自分の好きなことをして、深夜にアフィリエイト作業をしていました。

ちなみにご飯も「お腹が空いた時に食べる」というふしだらな生活を送っていました・・。

ちなみに作業開始から1年半経った今は、こんな感じで落ち着きました。

 

色々と試行錯誤した結果、アフィリエイト作業は後回しにしない方が良いことに気づきましたね。

その理由は、こんな感じ。

  • 後回しにすると、やる気が出ずにサボってしまう確率があがる
  • 起きて一番最初にやることによって、なかば強制的に作業ができる
  • 作業後に自由時間があると思った方がやる気がでる

 

起きて一番最初にやることをアフィリエイト作業にした結果、以前よりもあきらかに効率が良くなりました。

ちなみに、自然と作業時間も以前より増えていましたね。

以前までは1日の平均作業時間は3~4時間程度でしたが、このスケジュールになってからは自然と6時間程度は作業ができるようになっていました。

長く続けるためにしている毎日の日課

アフィリエイトって、ぶっちゃけ諦めずに続けてさえいれば誰だって稼ぐことが可能だと思います。

ただ、その「続ける」ということ自体がすごく大きな壁なんですよね。

 

このサイトの中で何度も紹介していますが、アフィリエイトを長続きさせることがどんなに困難かはこちらの調査結果を見ればわかります。

引用元:アフィリエイトマーケティング協会による市場調査【2019年】

1年ももたずに多くの人が辞めていってしまうということが、この表からはわかりますね。

 

仕事とアフィリエイトの両立は辛い

子育てと家事に追われて睡眠不足…とても作業をできる環境ではない

絶対に稼げるという保証のない作業に時間をかけられない

 

一度はやる気を出して挑戦したものの、結局諦めてしまう理由は人それぞれ。

そんな中僕は、3つのことを日課にすることで「モチベーション」を維持してアフィリエイトを続けています。

 

  • 作業前は必ず日の光を浴びる
  • 作業をした日は、必ずお楽しみを作る
  • どうしてもやる気が出ない日は無理して作業しない

 

作業前は必ず日の光を浴びる

朝起きたら、作業前に必ず日の光を浴びるようにしています。

これ、頭もスッキリして一気にやる気スイッチが入るのでおすすめです。

 

特に僕のような専業アフィリエイターの場合は、起きる時間が遅かったり家から一歩も外に出ずに日光を浴びない日ってありますよね。

以前までは、僕もこんな毎日を送っていました。

 

ちょっと詳細は忘れてしまいましたが、雑誌かテレビで「光を浴びることの重要性」について見たんです。

ものは試しに・・と実践してみたら、これが大正解。

太陽の光を浴びることで、セロトニンという脳内物質が分泌されることにどうやら関係があるみたいですね。

メカニズムは詳しくわかりませんが、そうでない場合に比べて「無性にやる気が出る」のは事実です。

 

多くの有名アフィリエイターの人でも実践している人が多いようですね。

 

 

ちなみに、起きる時間や立地(日が当たらないなど)によって日光を浴びることができない人用のグッズも販売されています。

価格はちょっと高めですが、メンタリストのDaiGoさんも使用していることや「マツコの知らない世界」で取り上げられたことでかなり売れているようです。

朝日と同等の明るさ【光目覚まし時計inti4s】

 

作業をした日は、必ずお楽しみを作る

作業をした日は、なにかしらのお楽しみを作るようにしています。

大福
さぁ、サクサクっと作業を終わらせて楽しむぞぉ♪

 

作業後に楽しいことが待っているとなると、俄然やる気が出ます。

ちなみに僕が毎日の「お楽しみ」に利用しているのは、プライムビデオ。

月額たったの400円ちょっとでこれだけ楽しめるって凄すぎですよね。

ここ最近は、NCIS(ネイビー犯罪捜査班)って海外ドラマに激ハマりしています。

ちなみにこのNCIS、ストーリーは1話完結なのでサクサクと見れておすすめです。

 

Amazonプライムビデオの無料体験

 

こんな感じで、作業後は毎日プライムビデオを満喫しています。

ちなみに、作業をサボってしまった日はこの「お楽しみ」は無し。

どんなにプライムビデオを見たくても、絶対に見ないようにしています。

このメリハリが、サボり癖のある僕には効果てきめんです。

 

どうしてもやる気が出ない日は無理して作業しない

大福
だめだ。今日は全くやる気が出ない‥。

継続して作業をしていると、どうしてもこんな日もあったりします。

 

「甘え」と言われるかもしれませんが、こんな日は僕は思い切って作業をしないことにしています。

だって、こんな気持ちの日に作業したっていい記事が書けるはずありませんよね。

 

でも、サボってしまった日に罪悪感を感じてしまうのも事実。

大福
はぁ、またサボってしまった・・。だから自分はダメなんだ。

 

だから僕の場合は、作業はしないけど「読書」をするようにしています。

もちろん、アフィリエイトに関連する本や雑誌です。

読書をすることでアフィリエイトに関する知識も深まりますし、なによりも作業をサボってしまった罪悪感が薄れますw。

 

ちなみに今の本を読み終わったら、次に狙っている本はこれです。

この本、すごく気になっています。

 

さらに僕は、楽天マガジンも契約しています。

Amazonがやっている「Kindle Unlimited(月額980円)」とは異なり、雑誌しか読むことができませんが月額380円はやっぱり魅力です。

まずは気軽にお試し!初回31日間0円の楽天マガジン

 

まとめ:人のことは気にせず自分のペースで

アフィリエイトで稼ぐために必要な1日の作業時間について見てきました。

冒頭でも書きましたが、僕の1日の作業時間は平均6時間です。

ただし、これはあくまでも僕の場合。

 

僕自身もそうでしたが、始めたばかりや稼げていない頃ってどうしても他人のことが気になりますよね。

  • 稼いでいる人は1日にどれくらい作業している?
  • 稼いでいる人は1記事何文字くらい書いている?
  • 稼げるようになるまでは、平均どれくらいの期間がかかる?

 

これ、最初は僕もすごく意識していましたが、正直言って全く参考になりません。

だって、当初参考にしていた予定でいったら、すでに僕は月に100万円以上稼ぐアフィリエイターになっているはずですからね。

でも実際のところは、僕が現在稼げている金額は月に5~10万円がやっと。

 

誰かの真似をして作業をしたところで、その誰かと全く同じ結果を得ることなんてできません。

アフィリエイトで稼いでいくために重要なのは、「諦めずにとにかく継続すること」。

まずは、他人と比べることなく自分が続けていけそうなペースを見つけて継続していくことがとても大切だと思います。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
大福

大福

人間関係に嫌気がさして10年間務めた会社を退職。その後3年間のニート生活を送る。自宅にいながらパソコン1台で稼げることを知り、現在はストレスフリーな毎日を送っています。このサイトではブログやアフィリエイトで稼ぐ方法を発信しています。自宅にいながら稼げるって素晴らしい♪

-ブログ・アフィリエイト

© 2020 大福日記